お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジテレビの深夜に放送されているバラエティー番組「ピカルの定理」(毎週土曜午後11時10分)が4月から毎週水曜午後10時枠に“昇格”することになり、30日に東京都内で会見が開かれた。会見に登場したお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんは「(バラエティー番組の)伝統の枠なので若手で進出できたのはうれしいけど、プレッシャーがある。努力してたくさんの人に喜んでもらいたい」と意気込みを語り、又吉直樹さんは「これを機にキャラ変更をして、日本のムードメーカーになりたい」と宣言。さらに、又吉さんは「学生時代は1学期は誰ともしゃべらなくて、2学期から人気になるタイプだった。大人の1学期は8年くらいだと思うので、10年後くらいに期待してほしい」と長いプランを明かした。

 「ピカルの定理」は、10年10月19日に深夜0時45分からの25分番組としてスタート。11年4月16日からは午後11時10分からの45分番組に拡大し、全国ネットとなった。「ピース」のほか、お笑いコンビ「モンスターエンジン」「ハライチ」「平成ノブシコブシ」、お笑い芸人の渡辺直美さんなどが出演。学園のアイドルを男子学生が取り合う学園ドラマ風コント「白鳥美麗物語」など人気キャラクターを生み出している。4月からは、お笑いコンビ「千鳥」、モデルの加賀美セイラさん、タレントの西内まりやさんを新たなメンバーとして迎える。

 会見には「千鳥」以外の出演者が登場した。「ハライチ」の澤部佑さんは「これまで国民の弟になるのが目標だったけど、世界の弟を目指す」と大きな目標を設定。「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんは「(“水10”進出は)人生の関ケ原だと思う。勝てば天下取り、負ければお家断絶という気持ちで取り組みたい」と独特の表現で思いを語った。また、コント初挑戦となる加賀美さんは「すてきな番組なので光栄。みんなに笑ってもらいたい」と意気込みを語った。

 番組はフジテレビ系で毎週水曜午後10時から放送。初回の4月11日は午後9時から1時間拡大して放送する。
動画共有サイト「ニコニコ動画」で配信されているお笑いコンビ「キングオブコメディ」のトークバラエティー番組「ニコニコキングオブコメディ」(公式チャンネル「サイゾーテレビ」で隔週木曜配信中)がDVD化され、「ニコニコキングオブコメディ 冗談にもほどがある!~ガチゆるトーク信用度検証バラエティ~」として10月4日に発売されることになった。今野浩喜さんは「しゃべっているだけの番組で、ネット上でただで見られるのに……」と話し、高橋健一さんも「立ち消えになる企画だと思った」と番組のDVD化に戸惑いながらも、見どころを紹介。23日と間近に迫った「キングオブコント2011」についても、「今回出てないから言えるけど……」と、前回王者として秘めた思いを明かしてくれた。(毎日新聞デジタル)

 DVDは、2人が同番組のトーク中に浮かんだ28の疑問を自ら現場に行って解決する……という検証バラエティーとなっており、ほぼ撮り下ろしで「今野はオシャレな家に住んでいるって本当?」「高橋の実家にある馬鹿な部屋ってどんな部屋?」など私的で予測不能なロケを行う。高橋さんは「元々番組の中で話しているだけで、一度も現場に行ってみたり、話題にしたものを見せたりしたことがなかったので、信頼を得たことがない。だからゆるいトークの“証拠”としてVTRを提供させていただこうと思った」とDVDの経緯を話した。

 見てほしいVTRを聞くと、高橋さんは「僕の友人で(番組内で)『西遊記』って呼んでいる人が見られます(笑い)」と話し、今野さんは「左胸が腫れちゃったうちのマネジャーの佐藤さんのその後が分かります」とPRした。DVDの楽しみ方について、高橋さんは「番組を見てない方は、まず無料で番組を見てもらえれば。お時間ない方は先にDVDを見ていただいて、どうしても気になる回だけ検索してもらえれば。ネットとDVDを行ったり来たりして、ゆっくりと時間をつぶしてください」と苦笑しながら紹介した。

 2人が優勝を決めた「キングオブコント2010」決勝について、今野さんは「本番は高橋が尋常じゃなく緊張してた。自分のことだけ考えていればいいのに俺の心配をし始めるんです。俺は全然平気だったのに……」と当時の様子を話した。高橋さんは「あんなに頭が真っ白になったことがない。いや~怖かった。よく分からないままコントが終わって、優勝して、パニックからパニックへ進んだ」と振り返った。

 23日に放送される「キングオブコント2011」の決勝には、「インパルス」「鬼ヶ島」「TKO」「トップリード」「2700」「モンスターエンジン」「ラブレターズ」「ロバート」の8組が出演。注目コンビについて聞くと、高橋さんは現在舞台で忙しい今野さんより一緒にいる時間が長いという事務所の後輩「鬼ヶ島」を挙げ、「番組(「ニコニコ~」)でもよく話題に出てきます。準決勝の夜も(メンバーの)野田(祐介)君の家に泊まっていたので、リアルに気になる。準決勝は自分のことみたいに緊張しちゃって、疑似体験しているみたいな感覚でした。だから、今年は『鬼ヶ島』として優勝したい!」と興奮気味に語った。

 一方、今野さんの注目コンビは一番結成期間の浅い「ラブレターズ」。「一番新人ですが、初めて見たときから超面白かった。すごいですよ」とその完成度の高さを真剣に語った。高橋さんも「去年のキングオブコントの前には、2人とも何度も超熱い応援メールをくれた。(メンバーの)溜口(祐太朗)君とは一緒にアイドルの『ももいろクローバーZ』のライブに行くほど仲がいいです」と話した。

 もう1組の注目コンビとして2人が挙げた「トップリード」とは、決勝進出が決定する瞬間に、偶然一緒に仕事をしていたと明かした。高橋さんは「(トップリードが)決勝に進んだということを、僕が教えてあげたんです。現地にいる奴から電話をもらって聞き出して、2人『おめでとう』って握手した」とうれしそうに話し、「ほかの方ももちろん面白いですし、実力者ぞろいですけれど、だからこそこの3組を応援したい。気持ちが乗り移る思いです」と熱く語った。決勝進出者に伝えたいことを聞くと、今野さんは「緊張しすぎない方がいいよ。練習しても緊張感は止まらないけどね」、高橋さんは「僕は何度も顔がやばかったと言われた。目が泳がないようにした方がいい。ライブと違ってアップでテレビに映りますから」とアドバイスしていた。


 日テレがドラマと情報バラエティーを融合させた新感覚番組を制作することが19日、分かった。3月12日放送の「未来からの訪問者」(企画・監修=小山薫堂、後9時)で、俳優・上地雄輔(30)、女優・臼田あさ美(25)、お笑いコンビ・さまぁ~ずが共演する。

 舞台は2030年。恋人との結婚を間近に控える未来夫(上地)は、自らの運命を変えるためタイムマシンに乗って2010年にやって来る。目的は若かりし頃の母親(臼田)に会って、未来に興味を持ってもらうこと。その方法として、さまぁ~ずが司会を務めるテレビ番組「ザ・未来予想TV」を利用することを思いつく―。

 特徴は「ザ・未来予想TV」が劇中の演出ではなく“本物”の情報バラエティー番組であること。近未来の家電や宇宙開発など様々なジャンルの科学技術を紹介していく。新しい試みの“ドラバラ”だ。タイムマシンに乗る上地は「夢のような話の中で『本当に現実にあるかもな』というリアリティーを求めて作っています」と、意気込んでいる。


→ランキングはこちら←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。