お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(31)が下積み時代にエロビデオに出演していたと、週刊文春が報じている。過激なAVではないものの、全身白タイツ姿で美女らと絡んでいたようだ。芸人には、やはりこんな時代があるものなのか。

 肌も露わなレースクイーン6人が過激トークをしていると、全身白タイツの男が後ろに立った。

■美女に手を導かれ、腰を振られて…

 体格のよいその白タイツ男は、今度はビデオカメラを手に、美女の一人に迫る。美女は、タイツ男の手を胸に導くと、その上に座って腰を振り…。

 これが、オードリー春日さんが出演したとされるR-15指定ビデオの1シーンだ。タイトルは「大噴射!!  エロマゲドン2~最強痴女軍団 NEXT STAGE~」で、DVDが2006年12月1日に発売された。現在も、一部の動画サイトに、そのサンプル映像がアップされている。ただし、本番シーンなどはなく、いわゆるAVではないようだ。

 このときは、オードリーの2人が売れる前だ。週刊文春の10年6月10日号によると、2人が出演していた動画サイト「GyaO!」のお笑い番組のスタッフが、DVDを制作したいと春日さんを誘ったという。コンビ相方の若林正恭さん(31)も現場にいたが、体格のよいタイツ男が求められたため、春日さんに白羽の矢が立った。

 記事によると、直撃取材に対し、春日さんは最初、「は?いや知りません」とはぐらかした。しかし、白タイツ男の写真を見せ、さらに問い詰めると、こう認めたというのだ。

 「AVじゃないんで。それに、ひとつの仕事ですから」

 人気コンビだけに、ネット上では、文春の記事に波紋が広がった。2ちゃんねるのまとめサイトでは、「深夜番組で、毎日やってるようなことじゃねえの」との指摘とともに、「下積み時代って大変なんだな」と隠されたエピソードに驚く声が紹介されている。

■マネキンのように動じないタイツ男を演じる

 そこで、さらに取材しようとしたが、DVD販売元は電話番号がすでに使われていない状態だった。また、オードリー春日さんの所属事務所ケイダッシュステージに聞くと、担当者が外出中とのことだった。

 オードリーの2人は、ブレークするまで、8年ほども下積み生活があったことで知られる。2ちゃんのまとめサイトによると、DVD発売後の2006年12月17日には、内部関係者によるとみられるこんな書き込みがあった。「前GyaOの某番組で撮影現場に潜入する企画があったが ゼンタイ男の中身ってオードリーの春日なんだよな…」。ゼンタイとは、全身タイツの略だ。

 かつて、ビートたけしさんや萩本欽一さんは、ストリップ劇場の前座などの経験を積みながら、芸を磨いていった。お笑いがメジャーになった今でも、芸人たちは、下積み中にここまでやらなければならないのか。

 お笑い界に詳しい芸能関係者は、こう言う。

  「春日さんが、エロビデオに出ていたかまでは分かりませんが、下積み時代に、お客を自宅に案内してトークライブをするなど、苦労していたようですよ。彼らが売れないときは、年収が100万円ほどでしたからね。同じ事務所のはなわさんや原口あきまささんがちょっと売れ始めると、ほとんど毎日のようにくっついて歩いていましたね。倹約家の彼らしく、いつも夜飯を食べさせてもらっていましたが(笑)」

 ただ、たけしさんらの時代とは違って、アルバイトの幅は広がったという。

  「たけしさんたちは、劇場のトイレ掃除などまでやっていたようですが、今の芸人は、コンビニや居酒屋のバイトが多いですね。割のよい仕事もあり、有名になった中には、地下鉄工事現場などで深夜のガードマンをする人もよくいました。そこで、人間観察などをして芸を磨けるかどうかは、本人の意識次第でしょうけど」

 エロビデオでの春日さんは、マネキンのように動じないタイツ男を演じていた。あのやや高圧的なキャラは、こうして磨かれたのか。



職場恋愛に終止符-。ともに吉本興業に所属し、交際をオープンにしてきたお笑いタレント、友近(36)とお笑いユニット「ザ・プラン9」のなだぎ武(39)が破局したことが6日、分かった。交際期間は約6年にわたり、ゴールイン目前ともいわれたが、今年に入って恋人関係にピリオドを打った。これまで破局が報じられるたび、そろって否定。より絆を強めていたかに見えたが…。

 米国ドラマのパロディー「ディラン&キャサリン」の奇妙なコントで人気の2人。芸では絶妙なコンビネーションを見せていたが、プライベートの人生では、別の道を歩むことになった。

 2人に近い複数の関係者の話を総合すると、破局の原因は人気者同士ゆえのすれ違い。徐々に心の溝が生まれたようだ。友近はここ数年、変幻自在のキャラでテレビのバラエティー番組を中心に活躍。3年ほど前に大阪から東京に拠点を移し、最近は女優や司会のほか、抜群の歌唱力でも注目されている。このため、朝早くから夜遅くまで仕事が続く毎日だ。

 一方のなだぎも2007年、08年とピン芸人の日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」を連覇するなど才能が開花。友近の後を追うように大阪から上京したが、仕事を優先し同居しなかった。そのことが仕事では吉と出たのか、ミュージカルに進出するまでに。人気がうなぎのぼりになるのにともない、恋人として会う機会は激減。一方で、「ディラン-」のコンビ芸をはじめ、バラエティー番組やCMなど仕事の共演は続いた。

 関係者の一人は「2人は今後も一緒に仕事はするが、忙しすぎて心が離れてしまった。今年初めにきちんと話し合って、別れることを決めたと聞いています」と証言。私生活では別れても、人気コント「ディラン-」での“恋人関係”は続けていくという。

 もともと、2人がお互いを意識するようになったのは10年ほど前。吉本興業の新人養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」大阪校(82年創立)で、なだぎは8期生、友近は23期生。人間観察からネタを探す優れたお笑いの感性は似ており、先輩後輩としてその才能を尊敬しあっていた。芸にほれ込む感情は自然と男女の恋心に変わり、約6年前に恋人関係に。互いの両親も公認の仲で、06年12月に交際が明らかになった後は、いずれは結婚をと思い定めてきた。

→ランキングはこちら←


 なだぎはシャイな性格だが、意外に女性にモテモテ。友近も昨年、ダイエットに成功しスリム美女に変身した。2人とも新たな仕事に向けてまい進しており、「2人は過去は振り返らないと心に決めている」(別の関係者)。仕事の充実をかてに、それぞれが新しい恋に走り出すのは時間の問題かもしれない。
お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰(30)が19日に行なわれたTBS系「オレたち!クイズMAN」のロケ中に骨折したことを20日、同局が発表した。病院に行き診察を受けた結果、左足関節骨折と診断され、現在は都内の病院で療養中で1週間から10日ほどで仕事に復帰できる予定。


 春日は番組企画「オードリーのスタントの仕事に一日入門クイズ」のためスタントマンの指導のもと、スタントの仕事を体験しながらクイズ問題を出題するというロケの収録中に骨折した。春日がクレーン車から吊るされたワイヤーに引っ張られ、小屋から空中に脱出し、予定の場所に着地をするというものだったが、リハーサルの際に着地場所のマットに着地をした時に痛みを訴えたため、病院へ搬送された。

 TBSテレビは「春日俊彰氏ご本人を始め、オードリー・若林正恭氏、所属事務所ほか関係各所の皆様に大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。TBSとしましては、今後このような事故が起こらないように番組制作上の安全管理をさらに徹底していく所存です」とコメントを発表した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。