お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピン芸人日本一戦「R-1ぐらんぷり2010」の決勝戦が23日、東京・台場のフジテレビで行われ、06年準Vで昨年5位のあべこうじ(35)が初の栄冠に輝き、賞金500万円を獲得した。


 1回目の得点上位3人によって争われる「ファイナルステージ」には、07、08年の覇者・なだぎ武=1回目661点=、昨年5位のあべこうじ=同658点=、昨年準優勝のエハラマサヒロ(27)=同655点=が進出。審査員7人が1人1票で優勝者を決める「ファイナルステージ」では、あべが見事に6票(エハラ1票)を獲得して、初のR-1王者に輝いた。あべは悲願のVに涙目になりながら「やっとのことで…」と言葉を詰まらせ喜びをかみしめていた。

 今回のR-1は大会史上最多の3539人が出場。決勝戦はバカリズム(34)、いとうあさこ(39)、G(グラップラー)たかし(31)、麒麟の川島明(31)、我人祥太(26)、ザ・プラン9のなだぎ武、エハラマサヒロ、あべこうじの8名に、21日の敗者復活戦で勝ち上がったCOWCOW山田與志(35)を加えた9人によって争われた。

 「R-1」決勝戦は23日午後7時からフジテレビ系で完全生中継され、司会はお笑いコンビ、雨上がり決死隊とタレント、優香(29)で、審査員は高田純次(63)、板尾創路(46)、伊東四朗(72)ら7人が務めた。

→ランキングはこちら←
ピン芸人日本一戦「R-1ぐらんぷり2010」の敗者復活戦「R-1ぐらんぷり2010サバイバルステージ」が21日行われ、COWCOW山田與志(35)が決勝戦進出を果たした。「R-1」決勝戦は23日午後7時からフジテレビ系で完全生中継される。

 決勝進出を果たした山田は「ちょっとネタがないんで。なんとかネタを作ります」と興奮気味に話した。前年度王者の中山功太(29)は第8位、「ワカチコ」のギャグでお馴染みのゆってぃ(33)は第6位で落選となった。R-1常連の友近(36)は惜しくも2位で決勝進出を逃した。

 すでに決勝戦にはバカリズム(34)、いとうあさこ(39)、G(グラップラー)たかし(31)、麒麟の川島明(31)、我人祥太(26)、ザ・プラン9のなだぎ武(39)、エハラマサヒロ(27)、あべこうじ(34)の8名が進出している。

 今回のR-1は大会史上最多の3539人が出場。R-1の「R」は1人話芸の代表ともいえる落語の頭文字に由来しているが、現在は“1人でしゃべれば何でもOK”のルールとなった。

 決勝戦は23日午後7時からフジテレビ系で完全生中継され、司会はお笑いコンビ、雨上がり決死隊とタレント、優香(29)が務める。審査員は高田純次(63)、板尾創路(46)、伊東四朗(72)らが出演する。

→ランキングはこちら←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。