お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属漫才師の中田カウス(59)に対する襲撃事件などで注目を集めた吉本興業の定時株主総会が25日、大阪市内で開かれた。この日、一部週刊誌が報じた大崎洋社長(55)の個人口座の金の流れを株主が追及し、昨年の2倍近い来場者があった場内は騒然。一方で、カウスを巡る一連の事件については厳しい追及のないまま総会が終了し、株主からは不満の声も出た。

 株主総会には878人の昨年を2倍近く上回る1690人の株主が参加。関心の高さを物語った。出席者によると、冒頭から経営陣に対する厳しい質問が続き、場内はヤジや怒号が飛び交う場面も。大崎社長の個人口座に関する週刊誌報道を巡り、追及の厳しさはピークに達した。

 問題の記事は一部株主の証言として、2005年から06年にかけて、大崎社長の個人口座に不審な入金記録があるというもの。大崎社長は、06年に韓国の芸能プロダクションから約1780万円が振り込まれたのは「子会社に対して個人投資をしていたが、吸収合併されたので資金の返還を受けた」と説明。プライベートでの資金工面に関する入金記録も明かすなど、終始対応に追われた。

 注目のカウスに関しても、クレームが出た。劇場への脅迫電話や脅迫状送付で渦中の「山本」を名乗る男について、カウスは昨年の総会で株主を収めたビデオ映像を見て「山本」を特定したとの一部報道があった。本来、公開を禁じているはずのビデオが流出したとの疑惑に、株主は「本当に見せたのか」と質問。大崎社長は「公開していないし、私自身も見ていない」と答えた。

 ただ、カウスへの脅迫状に関与が疑われている前田五郎(67)や、一連の“お家騒動”に関する質問は、出るタイミングを失った。最後はある株主が「説明はよく分かった。もう腹が減った」などと言って総会は約2時間で終了。「大崎社長はなかなかの答弁ぶりだった」と賛辞を贈る株主がいれば、旬の話題が議題に上らなかったため「吉本のやらせ」と不満を漏らす株主もいた。

 総会後には同社幹部が会見し、不正入金疑惑の週刊誌報道について、出版元に警告書を送ったことを発表。「誤報であり、法的手段も含めた対応を取る」と強い憤りを見せた。さらに、大崎社長の個人口座の明細が流出したことを問題視して内部調査に乗り出す可能性を明らかにするなど、火の粉が多方面に及びそうなムードだ。
→ランキングはこちら←
20090624-00000009-oric-ent-thum-000.jpg
お笑いタレントのにしおかすみこと、お笑いコンビのTIMが24日、都内で行われたパチスロ『絶対衝激』のプレス発表会に出席。パチスロ歴の長いTIMの2人が美少女キャラ11名を使った同機種を絶賛する一方、にしおかは「パチスロにハマった彼氏に生活費を持ち逃げされたことがありまして…」と苦い思い出を告白した。そんな中、突如にしおかは、トレードマークである“女王様スタイル”でないにもかかわらず、「犬神家!」と持ちネタを大胆に披露。横にいたゴルゴ松本が慌てて暴走を止める一幕もあった。


 同シリーズは昨夏より、11人の美少女オリジナルキャラクターをベースに、アニメ、ゲーム、音楽、コミック、グッズなどで多角的に展開されており、今回パチスロ化。この日は、同アニメの声優を務めた4人も舞台に駆けつけ、にしおからが見守るなか公開アテレコを行った。新台は8月3日(月)より順次ホールに導入される予定。

 舞台上で司会者から「ネタをやってください!」と振られて「炎」や「羽」などお得意の人文字ネタで笑いを取ったTIMに続き、にしおかは「『絶対衝激』なんで衝撃映像を見せようと思っているのは、どこのどいつだい~? あたしだよ!」と言うや否や、すかさず三点倒立を始めて「犬神家!」と絶叫。心配そうに見つめるゴルゴの横にいたレッド吉田から「(黒のホットパンツから)何かがはみ出そう~!」と突っ込まれるも、そのまま報道陣の無数のフラッシュを気持ちよさそうに浴びながら“衝撃”カットを提供していた。

→ランキングはこちら←
6月21日の“父の日”に合わせて、オリコンでは『理想の父親だと思うお笑い芸人』をテーマに、10・20代の男女を対象としたアンケート調査を実施した。その結果、100を超える“モノマネ”レパートリーなど芸達者として知られ、“ぐっさん”の愛称で親しまれる【山口智充】が1位に選ばれた。


 最近、家族のことを気軽に明かすタレントも目立つようになり、“パパ芸人”として好感度を上げている芸人も少なくない。そんな並み居る強豪を抑え1位に輝いた【山口智充】は、人物や動物、効果音、よくあるワンシーンなど、数多くのレパートリーを持つ“モノマネ名人”としてお馴染み。「1年中家族を楽しませてくれそう」(東京都/10代/女性)、「優しく人柄が良くて、子供の視点にたって育ててくれそうだから」(滋賀県/20代/男性)という意見が多数寄せられ、面白く包容力豊かなお父さんとして人気をさらった。

 2位となったのは、現在4児の父親で家庭の話題も持ち味の【土田晃之】。マニアックなまでの知識量であることから“家電芸人”、“ガンダム芸人”などといった肩書きもある土田は「いろいろなことに詳しいので、お父さんだったら楽しいと思う」(埼玉県/20代/女性)と高評価。さらに「話が上手だから家族団欒の場が楽しくなりそうだから」(東京都/10代/女性)というように、ユーモアに富んだ巧な話術に惹きつけられる人が多かった。

 続く3位には、【明石家さんま】がランクイン。はじける笑顔と明るいキャラクターが支持されていることから「家の中が常に面白い雰囲気になりそう」(大阪府/20代)、「笑いが絶えない家族になりそう」(栃木県/10代/男性)という意見がほとんど。また、「(離婚はしたけど)テレビでよく娘の話をしていて、大好きなことが伝わってくる」(東京都/20代/女性)と、今春モデルとして芸能界デビューした娘のIMALUとの関係からも“良い父親”ぶりが支持されているようだ。

 そのほか、たびたびテレビ番組で自分の子供のことを嬉しそうに話す次長課長の河本準一や、夫婦円満な様子が伝わってくる藤井隆らがトップ10に入った。

→ランキングはこちら←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。