お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドンブーツ1号2号(ロンドンブーツいちごうにごう)

田村淳と田村亮から成る吉本興業所属の日本のお笑いコンビである。略称は「ロンドンブーツ」「ロンブー」。

2人とも姓が同じだが、血縁関係は無い(KinKi Kidsと同様)。また、「1号2号」というのはコンビ名としての表現であり、「どちらが1号でどちらが2号ですか?」と聞かれる事を狙ってのもので1号2号の区別がある訳ではない。 ただ、結成当初は亮が1号、淳が2号を名乗っていた。


田村淳(たむら あつし、山口県下関市彦島出身、1973年12月4日 - )ボケ担当。

田村亮(たむら りょう、大阪府高槻市出身、1972年1月8日 - )ツッコミ担当。


漫才コンビのハイヒールにならってコンビ名に靴の名前をつけた。 亮によって命名された。 ちなみに淳が考え、没になったコンビ名は「タムタムズ」。


<略歴・概要>

東京のインディーズお笑い集団〈集団田中)に2人とも所属していたことから出会い、コンビ結成。渋谷で路上ライブを行い、多数の観客を集めるようになる。当時のネタのひとつに「精子爆裂隊」がある。

1994年4月、銀座7丁目劇場のオーディションに合格し吉本興業入り。同期にDonDokoDon・ペナルティなどがいる。

初期は、淳がヘアバンドをしたり、関西弁を喋ったりとキャラ作りをしていた。その頃、CX深夜の帯番組、ウッチャンナンチャン司会の「UN FACTORY カボスケ」でたくさん出演していた若手の中から際立った目立ち方でウンナンから引き立てられて売れ始めた。 以後、異例のスピードで大ブレイク。デビュー2年にしてすぐにオールナイトニッポン2部パーソナリティとなる。以後多くの番組で「仕切り」のポジションに立ち、若くして冠番組を多数持つようになった。

上記のように本来のスタイルは淳がボケ、亮がツッコミだったが、亮のあまりの天然っぷりに最近では淳が仕切り及びツッコミ、亮が天然ボケに変わっている。

テレビでは2、3回ぐらいしかネタをしたことがないらしい。

ブレイク初期は素人をいじる企画などを得意としていたが、近年は芸能人をいじる企画にシフトしている。

亮は大阪出身であるが東京吉本デビューの為、標準語と関西弁が半々であり、ツッコミの「それ、あかんだろ」等の東西チャンポンのツッコミは同業者がたまに真似る。デビュー直後、まだキャラクターを模索中の頃は淳も関西弁を使っていた時期があった。

2000~2002年、歌手としてエイベックスから3枚のシングルを発売した。また吉本芸人のユニット「Re:Japan」に参加し、2001年のNHK紅白歌合戦に出場した。

以前、淳は3ヶ月家賃を払ってなかった為、亮宅に同居していた(押入れの中に入れてもらったといわれる)。

現在放送中の「ロンドンハーツ」などの恋愛バラエティーに出ている為、一部の地域では「スケベ芸人」と呼ばれることもある。

淳はうっかりラジオの生放送中に自分の携帯番号を言ってしまったことがある(ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン)。

亮はおとなしそうに見えるが、切れるとスイッチが入るらしく、番組でムエタイの選手をKOしたことがある。

テレビでゴールデンタイムの冠番組がいくつかあり、2006年現在テレビ朝日のロンドンハーツは長寿番組だが、裏番組に苦戦を強いられ短命で終わるジンクスも持っている。

余談であるが、2人ともレギュラーのテレビ番組とラジオ番組で重複出演したことがある。



FC2ブログランキング






タレントの木村祐一が11月28日(火)、都内で映画『どうぶつの森』(12月日公開)のアフレコ収録に参加。このなかで、同じに吉本興業所属する後輩、陣内智則と女優、藤原紀香の結婚報道について、成就するよう先輩からのエールを送った( アフレコ収録の様子はこちら )。

 今作が声優初挑戦となった木村。いつもの関西弁でコミカルなモグラのキャラクターを演じたが「実は、ここのスタジオは(モノマネ番組の)ネタをいつも決める場所でして…緊張した!」と苦笑い。同じく未知の世界に挑戦した金子貴俊も「ドキドキでした。声優は、さじ加減が本当に難しいですよね」と収録後、感想を述べた。

 また、収録に参加した乙葉(夫が藤井隆)と木村は、“芸人とタレント"という夫婦関係が共通。先日報道された陣内智則と藤原紀香の結婚報道について、木村は「陣内は真面目な後輩。もう、2人とも大人ですし(結婚へ)揺らぐことなくこのままいけば!」とコメント。横で聞いていた乙葉も、自分の結婚の時を思い出したのか、彼の話にうなずきながら、笑顔でエールを送っていた。



FC2ブログランキング




田村裕(たむら ひろし、1979年9月3日 - )

吉本興業所属のお笑い芸人。麒麟のツッコミ担当。立ち位置は向かって左。相方は川島明。


<特徴>

大阪府吹田市出身。大阪府立吹田高等学校卒。O型。

正義感がかなり強い。自分より他人を大切にする。

純情で騙されやすい。子供に好かれる。(相方の川島曰く「頭の構造が一緒やから」)

英語が分からない。

スタイリストにも褒められる程お洒落で、センスが良い。マンスリーよしもとのお洒落ランキング1位。

「見た目で貧乏に見られたくない」というコンプレックスがあるため、服や財布はブランド物を買ってしまう。

タクシーが大好き。曰く、行き先を告げるだけで移動できるから。収入のほとんどをタクシー代に使う。

身長180cm。スタイルが良く、体はモデル並らしい。

見た目に気を遣っており、鞄の中には常に爪切り・髭剃り・歯磨きセット・化粧水・保湿クリームなどの物を入れている。

ガラ声。

ツッコミは決して上手いという訳ではないが、漫才やライブでのアドリブには強い。

二笑流TVなど、自分たちの番組などではたびたび自分を「あたし」と言ってしまう姿が見られる。

吉本のメンバーが認める天然。


<学生時代>

小学5年生の時に母親を癌で亡くしている。その後、父親がギャンブルで借金を作り、蒸発。今も行方不明である。しかし田村は、父のことを全く恨んでおらず、帰って来てほしいらしい。テレビなどで「もう屋根もあるから帰ってこいよ~」と父親に呼びかけている。

中2の夏休み(ちょうど終業式後)に自宅に帰ると、家が差し押さえられていた。その場で父に「おのおの頑張れよ」と言われ、「解散」を告げられる。
一時期、公園に寝泊りして生活していた。その後、生活保護を受けたり、友達のお母さんが田村兄弟のために家を借りてくれたりして、兄と姉と三人で暮らす。

兄もNSCに入学したが2人分の学費を払えるほどの余裕がなかった為、弟に気を使ってコンビを解散し中退した(当時、兄の相方はフロントストーリーの清水)。

高校時代は、一日の食費が300円という過酷なものだった。170円の9本入りのスティックパンと100円の牛乳だけで毎日を過ごし、残りの30円は貯金していた。丸1週間、水だけで過ごしたこともあったという。

さらに、公園で生活していた頃は、公園に生えている草を食べていたこともあり、ダンボールを食べようとしたこともあったという。

スティックパンは半分にし、片手ずつににぎって隠し、授業中に食べていたという。

また、昼食が白ごはんのみだった時に、友人にふりかけを持ってきてくれるよう頼んだが、冗談だと思った友人がなかなか持って来ず、「ふりかけ持って来いやぁ!」とブチギレた事があった。

学生時代の愛称は「タモさん」。また、かなりのくせ毛であり現在よりも髪の長かった時は髪のそのうねり具合から「大阪ドーム」とも呼ばれていた。


<趣味・特技>

ルービックキューブにもはまっている。知恵の輪も得意。

バスケを小5から高3まで続けた。SLAM DUNKが始まる前にバスケを始めた事が自慢。運動神経が良いため高校ではレギュラーだった。今でもダンクが出来る。また、大阪エヴェッサの試合イベント(2006年2月22日)に呼ばれフリースローのゲームをした。(二人合わせて5本打つ)

川島と一緒にニンテンドーDSにはまっている。

趣味は自動販売機の下に落ちている小銭集め。貧乏だった頃に始め、今でも止められない。

ロック音楽好き。ロットングラフティーというバンドをこよなく愛している。そのメンバー達とも面識があり、単独ライブのBGMは大抵ロットンの曲。イベント等で宣伝したりする。

休みの日にはAVばかり見ている。


<食事>

パンが大好き。楽しみにとっておいた自分用のパンを川島に食べられ、本気で喧嘩する程のパン好き。この時ばかりは川島も本気で謝った。コンビ内でこれほどまで険悪になったのは今のところこれだけらしい。

梅干と納豆が食べられない。

落ちた食べ物でも5秒以内ならOKらしく、社会人になる前は15秒までOKだったらしい。

貧乏であまり物が食べられなかったため、かなりの小食(胃が小さくなっている)。

たむらけんじの自宅でご馳走になったが、御飯一膳で終了。(たむけんの奥さんは貧乏な田村の為にと御飯5合と豪華料理を用意してくれていた)
ケンドーコバヤシが芸人を集めて焼肉を奢ってくれたが、小食なのであまり食べなかった。また、ケンドーコバヤシがバイキング形式の店で奢ってくれた時にお茶漬けを食べていたので、「俺が食わしてないみたいやろ、もっと食え!」と叱られる。

貧乏だった頃、食事の時は満腹中枢を刺激する為に食べ物をひたすら噛んでいた。噛んでいくと当然味が無くなっていく。それでも暫く噛み続けていくと一瞬味がする時があるらしく、田村はこれを「味の向こう側」と呼んでいる。
雨上がり決死隊・宮迫博之にカニをごちそうになった時、殻ごとボリボリ食べ「おいしい」と言っていたらしい。

ミルクティーが大好き。特にキリンビバレッジのクリームティーが好きらしいが最近見かけなくなり飲めない事を嘆いている。

いちご牛乳も好き。最近、気に入ってるのは小岩井いちごで、それ以外のものは飲まないらしい。

お菓子が大好き。川島が買い物している時に田村のカゴを見ると、チョコやポテトチップスなどお菓子ばかり入っていたらしい。

<逸話>

録画してあった天気予報を見て、川島に「台風くるぞ、気ぃつけや」と連絡する。

M-1グランプリ2004の最終決戦では「がんばれ俺たち」という名言を残し、会場を大いに沸かせた。

色黒であるため、よく茶色いものや黒いものに例えられる。

ごぼう、玄米、さんまの苦いとこ、妖怪えのき小僧、妖怪あずき小僧、カブト虫の裏側、コロッケ、かりんとう、コーヒー、泥の棒、麦芽、ムギムギ、沼地、木刀、ライオンズマンションの壁、引っ張って伸ばしたチャーリーブラウン、コルクボード、CB(コルクボード・チャーリーブラウンのイニシャル)、スティックパン、無印良品のノート、漢字ドリルやった後の右手、顔面ハムナプトラ、10円玉(フットボールアワーの後藤輝基に言われた)など。
2006年3月に「第一回田村裕」という単独ライブをbaseよしもとで行う。が、客数233の半分の117人客がいなければ「第二回田村裕」は開催されない、というノルマを与えられる。ライブが始まり、後ろ向きで登場。「振り返るのが怖い」と何度も不安がる(そして恐怖感のあまり「川島ー!」といないはずの相方の名を叫ぶ)実際は、客数は243名と大盛況だった。

この時、川島は田村に内緒でライブを見に来ていた。そのため、田村が自分の名前を叫んだ時にはバレたのかと思いひやひやしたと言う。

相方である川島の笑いのセンスが大好きで、観客以上に自分が笑ってしまい、周囲に突っ込まれる事がしばしばある。(DVDキリリン!に収録されているコント「蜘蛛の糸」を副音声付で見ると、後輩である千鳥のノブ、中山功太から突っ込まれているのがわかる。)

麒麟・千鳥の二笑流TVのゲームコーナーにて、ボケで全員から仲間外れにされる。メインMCであるにも関わらず、結局終盤まで一切見せ場を与えられなかったため、コーナーの最後に「本気で」泣き出してしまい、皆に慰められるということがあった。

余談だが、泣いてしまった田村を元気付けるために、急遽名目が変更された。そのため田村は、半裸の状態で、鼻と右耳と両乳首を洗濯バサミではさまれ、両手に瓦を持ち、右足を抽選箱に突っ込み、長州力のモノマネをしながら「Choo Choo TRAIN」を踊った。

タクシーに乗るとタクシーの事で頭がいっぱいになる。以前川島と二人でタクシーに乗っている時、突然川島に「なぁなぁタクシー」と話しかけ、川島が「は?」と聞き返すと「あ、ちゃうわ!なぁなぁあんなー」と言った。タクシーとあんなーと間違えたのだった。

体内時計が正確で麒麟・千鳥の二笑流TVのゲームコーナーで「チーム対抗 ツッコミ合戦」で「ノリツッコミピッタリカンカン」(30秒間の間にいかに正確にノリつっこみが出来るか?)というゲームで見事30秒ピッタリでノリつっこみをした。またジャンクション考案のバットタイムショックというゲーム(指定された時間を体内時計で計り、その時間だと思ったらジャンプする。失敗するとスネを思いっきりバットでしばかれる)で見事10秒ピッタリでジャンプした。

顔、特に目にコンプレックスを抱いている。何度もアイプチをして一重まぶたを二重にしようとしていた。

パンが好きすぎて、移動中の新幹線の中でパンの夢を見る。起床後(夢の中で)買ったはずのパンがないことに気づき、購入すべくパン屋に走る。
楽屋で昼寝中、倒れてきた姿見の下敷きになる。鏡に映った自分の姿を幽体離脱と勘違いし『俺死んだ』と思う。

同じコンビニに自転車を最大3台置き忘れる。

同じ号のクロスワードパズルを気づかず解き続ける。残り2問で気づいて一言「これ先月やったわ」

路上等で小銭を発見し、拾うべきかどうか迷うと「1円~」「10円~」と小銭警報を発する。

もはや慣れている相方川島は、この小銭警報を「拾わへん」とあっさりあしらうことが出来る。

漫才中に舞台に落ちていた1円玉を見つけ、本気で喜んだことがある。
芸人仲間数人とカラオケに行き、持ち歌のサイクリングリサイクルを歌っていた。(サイクリングリサイクルはほとんど川島が歌うから)

<交友関係>

笑い飯から可愛いがられている。特に哲夫に可愛がられており、「タムちゃん」と呼ばれている。

千鳥は後輩にあたるが同い年であり、仲良し。ノブとは同じ突っ込みで、好きな食べ物が一緒であるため、MCを一緒にしたりなど、番組のコーナーでセットとして扱われることが間々ある。

NON STYLEの石田明と一緒にHEP梅田の観覧車に乗った事がある。

ロザンの宇治原史規は共演した際、麒麟の楽屋に遊びに来ることが多い。但し田村に会う目的で訪れることが多いため、二人で話してばかりで、無視されていると思い込んだ川島が嫉妬することがある。

後輩に愛されている。ただし田村は心を開かせるために後輩に抱きついて話しかけるため、そっち系だと思われる事が多々ある。

相方の誕生日には必ずプレゼントを渡しているという。ちなみに2006年は化粧水らしい。

トータルテンボス大村朋宏に顔が似ていると言われることがある。以前大村と川島が楽屋で話していた際、「麒麟さんは仲が良いですね」とそのまま取材が始まってしまったことがあるらしい。

メッセンジャー黒田とはよく話が合う(理由は同じ貧乏人だったから)
後輩のミサイルマンとは仲が良く「タムさん」と呼ばれている岩部は田村の家に行ったら朝ご飯にポテトチップスのピザポテトを渡されたと言う(ちなみに田村はコンソメを食べたと言う)

<評判>

島田紳助に「麒麟のうまくない方」と言われた。
桂三枝にUNOのCMのナレーションで「けったいなやっちゃなぁ」と言われる。
貧乏な育ちなため、躾ができていないと言われる。また、松本人志と高須光聖は田村の貧乏エピソードを聞いて、田村(の貧乏の度合い)は次元が違うと放送室で語っていた。

後輩のプラスマイナスの兼光貴史にものまねされている。川島には「お前(田村)がどんどん(兼光に)似てきている」と言われてしまう。
また先輩の青空岡に似ていると言われた事がある。普段でも似ているが女装をするとさらにそっくりになるらしい。
意外にもファンから女装の評判がよい。ダイ麒千飯でその女装姿を披露した。また女の役が上手いため「タム子」か「裕子」と呼んだり「スタイルがいいから女の役をしてくれ」って言ったらのって女性役をしてくれる。 



FC2ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。