お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中田カウスの暴力団問題などに端を発した吉本興業のお家騒動はますます先が見えない展開になっている。

 とくに打撃が大きいのは東証1部に上場している吉本の株価で、騒動が勃発してから急落しているのだ。吉本の株価は約1年前のピーク時は3000円を超えたこともある。それが昨年後半に2000円を切り、年明けからやっと持ち直して上昇に転じていた。ところが、今回の騒動もあって連日続落し、18日には51円ダウンの1688円になっている。

 吉本も株主も株価が下げ止まるのを期待しているはずだが、さらに下落する可能性も高い。というのも、騒動は終息するどころか、今以上に拡大するという情報があるからだ。

 この騒動は“創業家派”対“現経営陣派”という構図だが、現経営陣派の実力者、大崎洋副社長が“新吉本”を立ち上げるのではないかとみられているのだ。

「可能性は低いと前置きした上ですが、大崎副社長が“新吉本”を立ち上げるといえば、東京で活動しているダウンタウンや島田紳助、ナインティナインといった大物たちが追随するのは間違いない。創業家派は大阪で活躍している笑福亭仁鶴ら古株。大崎さんと創業家派がにらみ合い、吉本が真っ二つに割れても不思議じゃないのです」(事情通)
 株主はヒヤヒヤしている?

正社員転職ならリクルートエージェントへ








FC2ブログランキング



『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』『ガキの使いやあらへんで!』など年末年始に話題のお笑い番組が多数あったことも手伝ってか、年明けからお笑いDVDがじわりじわりとチャートを賑わしている。

超テキトーな好調ぶり!? 高田純次のDVD、間もなく1万枚超え!











正社員転職ならリクルートエージェントへ









オリコンDVDランキングに登場してくるお笑い作品といえば“ガキ使”“すべらない話”“内P”などの人気番組や、タカアンドトシ、チュートリアルなどブレイクしたての若手お笑いネタなどが大半。そんな中で、人気番組でもなければ“旬な若手”でもないお笑いDVDが4/23付DVDランキングで総合41位にランクアップしてきている。

 芸能界にもファンが多く、“日本一適当”“無責任”と賞賛(?)を浴びる高田純次の還暦記念に作られた新作DVD『高田純次 適当伝説~序章・勝手にやっちゃいました~』がそれ。

 高田純次ワールド満載の内容は、『還暦の挨拶に勝手に訪ねてみました』、憧れの職業に挑戦する『還暦で初体験』のほか、『早すぎる遺言』、『純次ドッキリぶらり旅』など、適当の真髄が見られる100%撮り下ろし。副音声では関根勤とのやりとり(もちろん高田純次の返しは適当)もあり脱力感は最上級。

 昨年末、“使わなくていいよ。買ってさえくれれば。”のコピーで売り出された『適当手帳』(365日全てに高田純次の格言付=下ネタ過多)も人気を博しており、本作のコピーも“見なくてもいいよ。買ってくれれば。”と適当な主張は変わらず。4/2付で53位に初登場したあと翌週61位にランクダウン、そのまま下がり続けるかと思いきや先週46位にアップし、そして今週は41位とその売行きも適当な浮沈ぶり。

 ちなみに4/23付の時点で0.9万枚を売上げており、早ければ来週発表付で1万枚突破となる。タイトルにもあるとおり本作はまだ“序章”であり、一体いつ“本章”が出てくるのかもわからないが、まずは本作の動向を適当に見守りたいところだ。










FC2ブログランキング



正社員転職ならリクルートエージェントへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。