お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090731-00000609-san-ent-thum-000.jpg
ハッスルしすぎた!? お笑いコンビ、レイザーラモンHGの住谷正樹(33)がプロレス「ハッスルツアー2009」に参戦して骨折し、東宝主催のミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」を降板することになったことが31日、分かった。所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは、代役を立てて対応する。住谷は両手を高く挙げて「フォ~!!」と叫びながらパフォーマンスする芸で人気を集めているが、プロレスラーとしても活躍している。


 東宝などによると、住谷は30日夜、東京・後楽園ホールで行われた試合でトップロープからリング外にジャンプ。着地した場所にマットがなく、左足かかとを骨折した。

 「ブラッド・ブラザース」では当初、双子で生まれた主役の兄、サミー役という準主役級で出演する予定だった。8月7日の初演を前に7月からけいこを始め、3日からは公演会場の東京・日比谷のシアタークリエでけいこに入るはずだった。

 住谷の代役は、同じよしもと所属の俳優、伊藤明賢(めいけん)(39)が務める。
→ランキングはこちら←
タレントの青木さやか(36)が第1子を妊娠したことが29日、分かった。現在、妊娠3か月。来春の出産を予定している。07年10月に3歳年下のダンサーと知り合って半年で電撃結婚。結婚2年目で待望のおめでたで、関係者にも喜びの報告をしているという。出産後も芸能活動は行う予定で、ママ芸人として更に幅広い活躍を目指す。

 ママ芸人が誕生する。フリーアナウンサーからピン芸人へと転身を遂げ、毒舌キャラを売りに活躍してきた青木が、36歳にして待望の第1子を授かった。

 レギュラー番組は8本を数える売れっ子の青木。妊娠、出産となると多少なりとも影響が出ることから、既にテレビ局関係者などに報告を始めている。現在、妊娠は3か月目を迎え、出産は来春の予定だ。

 青木は07年10月、友人に紹介されたダンサーと出会って半年で電撃結婚した。「古風な日本男児」「さだまさしさんの『関白宣言』を聴いているような人」と、相手の男性について語っていた。「できるかぎり(幸せを)持続させるように」とも話していたが、子供の誕生で、その幸せはより一層増すことになりそうだ。

 芸能界には久本雅美(51)、エド・はるみ(年齢非公表)、友近(35)ら女性芸人は数多くいるものの、第一線で活躍しながら子供がいるケースはほとんどない。鳥居みゆき(28)や「森三中」の大島美幸(29)、村上知子(29)ら結婚して幸せをつかんだ芸人はいるが、子宝にはまだ恵まれていない。

 結婚前には「30代以上、未婚、子供なし」という負け犬キャラを前面に押し出したこともあったが、芸人としてブレークし、私生活でも結婚~出産と順調そのもの。まさに人生の“勝ち組”となった。

 青木は出産後の芸能活動に意欲的という。ママ芸人は芸能界でも貴重な存在となるだけに、更に異色のキャラとして活躍の場が広がることにもなる。30日にはフジテレビ系「笑っていいとも!」にも生出演。喜びの報告が聞けそうだ。

 ◆青木 さやか(あおき・さやか)1973年3月27日、愛知県生まれ。36歳。フリーアナウンサーを経てピン芸人に。毒舌キャラを武器に03年、日テレ系「エンタの神様」でブレーク。04年にTBS系「奥さまは魔女」で女優デビュー。現在テレビ朝日系「美しき青木・ド・ナウ」などレギュラー8本。身長165センチ、体重51キロ。B85・W60・H83センチ。血液型O。
→ランキングはこちら←
20090730-00000001-oric-ent-thum-000.jpg
お笑いコンビ・次長課長の河本準一が30日、お笑い映像コンテスト『S-1バトル』(ソフトバンクモバイル主催)の7月度月間王者に決定し、都内で行われた表彰式に出席。初戴冠で賞金1000万円を獲得した河本は「こんな賞もらったことない。芸人15年やってて、1回ももらったことなかった。やればできるんだ!」と喜びを爆発させた。

 7月の決勝には3月度(初代)、5月度とV2を達成しているトータルテンボスとM-1王者で前回6月度を制したNON STYLE、東野幸治、岡村隆史(ナインティナイン)コンビによる「東野・岡村の旅猿」を含む計4組が進出。河本は“ムツゴロウさん”をパロった作品「ジュツゴロウと愉快な仲間」でチャンピオンの座を掴み取った。

 会場にも“ジュツゴロウ”コスチュームで登場し「ヤッター!」と勝利の雄たけび。「ポンコツ芸人を集めて観察する」という後輩芸人の素のリアクションを追及した作品が功を奏したことを受け「1000万円でジュツゴロウの特別番組をやりたい!」と鼻息を荒くした。さらに早くも8月度の第1予選進出も決定しており「連覇狙ってます!」と表情は緩みっぱなしだった。

 『S-1バトル』は、漫才、コントなどネタのジャンルや芸暦を問わずに3分以内にまとめた映像作品でエントリーする新たなコンテスト。ソフトバンク携帯電話ユーザーの投票によって月間チャンピオンが決定され、年間王者を決める大会への切符を手にする。年間王者には1億円が贈与される。
→ランキングはこちら←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。