お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なぞかけを得意とするねづっち(35)と木曽さんちゅう(39)によるお笑いコンビ・Wコロンが11日、著書「ととのいました! おやこで『脳活』! なぞかけドリル」(東邦出版、1000円)発売記念イベントを都内で行った。

ドリル形式でなぞかけを作るコツを伝授しており、ねづっちは「これで誰でもととのいます」とPR。木曽は「印税で小学校に進む長男のランドセルを買いたい」。




人気お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が9年ぶりに主演する新ドラマ『検事・鬼島平八郎』(ABC・テレビ朝日系 10月22日(金)後9:00スタート)に、ビートたけしがレギュラー出演することが27日、わかった。これまで、本業絡みでの共演はあったが、ドラマ共演は今回が初めて。たけしは、次々に起こる事件に関わる謎多き男性・安東正親役を演じる。お笑い界の大巨匠との合体に、浜田は「バラエティでも滅多に共演がないので、あえてドラマでの共演はどんな感じになるのか本当に楽しみです」と俳優としての顔合わせを心待ちにしている。

そのほか、松方弘樹など豪華キャスト陣

 ある出来事をきっかけに検事を志し、就職後は1人の人間として真実を追究する姿勢を貫く、地方検察庁勤務の新米検事・鬼島平八郎(浜田)。鬼島が手がけた小さな横領事件から始まる“黒幕”たちの逆襲、さらには検察内部からの捜査妨害にも負けず“大人の事情”に縛られた人間を鬼島が斬っていく姿を描く。

 今作はテレビ朝日と、来年創立60周年を迎える大阪・朝日放送の“記念ドラマ”として共同制作した意欲作だけに「素晴らしい役者の皆さんに盛り上げていただきたい」という制作サイドの意向もあり、たけしだけでなく豪華俳優陣に出演をオファー。政党政権・優名党の幹事長役に松方弘樹、検察庁トップの検事総長に古谷一行、ほかに石橋凌、田山涼成らベテラン勢が顔をそろえる。さらに近年は俳優や映画監督としても活躍する板尾創路が、鬼島に役立つアドバイスを行う一風変わったビルのメンテナンス作業員として出演する。

 先日、9年ぶりの連ドラ出演に「とても久しぶりなので、緊張しています(笑)」と、大物芸人らしからぬコメントを寄せた浜田。ヒロイン役で、才色兼備なエリート女性検事・森本真紀役を演じる内田有紀をはじめ今回、芝居で共演するのは「初めての方が多い」といい、配役にも恵まれた。これまで見ることの無かった“柔らかさ”を持った検事モノドラマとして注目を集めそうだ。






お笑いコンビ元「極楽とんぼ」の山本圭一(42)さんが、フジテレビの人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」の新メンバーオーディションに参加していた、と報じられた。

 今回のオーディションに関連し、同番組の中嶋優一プロデューサーが「収録でこんなに泣いたのは、15年で初めてかもしれません」などと「ツイッター(Twitter)」でつぶやいていたため、本当に芸能界復帰するのではないか、といった様々な憶測がネットで広がっている。

■プロデューサー「こんなに泣いたのは番組始まって初めて」

 中嶋氏は2010年9月25日、「めちゃイケ!」新メンバーオーディション1次選考の全国行脚が無事に終わり東京に帰って来た、と「ツイッター」でつぶやいた。そして、29日は番組の収録で最低5回は泣き、こんなに泣いたのは番組が始まってから15年で初めてで、涙の理由は10年10月9日放送の「めちゃイケ!」で明らかになる、と思わせぶりにつぶやいている。9日放送は「めちゃイケ!」のスペシャル番組で、オーディションの様子や新メンバーの紹介などを放送する予定になっている。

 このつぶやきが出た時にネットでは2つの憶測で大騒ぎになった。一つは病気を理由に無期限休養を発表しているお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんの復帰。もう一つは山本さんのこの番組を通じての芸能界復帰だった。

 山本さんは2006年7月に未成年者の女性とみだらな行為をしたとし、所属事務所を解雇され芸能界から姿を消した。解雇後はホームヘルパーなど様々な資格の取得に励んだり、サーフィンのインストラクター、スーパーでの販売員などをしたりしていると報じられてきた。

■10月9日の放送で真相が明かされる?

 08年にはお笑いタレント萩本欽一さんの後押しで芸能界復帰が画策されたが実現しなかった、という。しかし、山本さん復帰の動きが芸能界やテレビ局側にあり、

  「復帰するとなれば、スタッフの結束が固く番組の中心メンバーだった『めちゃイケ!』になるだろう」

とかねてから様々な媒体で報じられてきた。

 そうしたなか、「めちゃイケ!」新メンバー募集のオーディションに山本さんが参加したと報じられた。「週刊ポスト」の10年10月15日号によれば、このオーディションは芸能活動無期限休止の岡村さんの穴を埋めるため東京、大阪、福岡、仙台で行われたもので、参加資格は芸能人、一般人、国籍にこだわらない18歳以上の男女。東京での開催は10年9月12日だった。ここに山本さんがいた、というのだ。記事は芸人の証言を基に書かれていて、以前にテレビに出ていた時と同じような巨体だったという。

 このオーディション、ネットでは「山本復帰の出来レースか」などと騒がれていた。本当に山本さんが参加したとなれば、復帰の噂が本当になる可能性もある。

 ただ、記事によれば「自発的」に参加した山本さんは最初のクイズで間違えてしまい、そのままスゴスゴと帰ってしまったという。今回のオーディションは参加資格不問だったため山本さんは喜んでやってきたようだが、復帰について

  「スポンサーやかつての所属事務所が許さない」

というフジテレビ関係者のコメントをポストは掲載している。本当のところはどうなのだろうか。中嶋氏が「ツイッター」でつぶやいているように、10月9日の放送を待つしかないようだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。