お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
おすすめDVD

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コント日本一を決める『キングオブコント2011』で4代目王者に輝いたロバートが23日、生中継した東京・赤坂のTBSで会見を行った。"キング"の称号を手にし、初めて賞レースを制したロバートの秋山竜次は「頂点いいですね。デビュー当時からコントだけやってきたので、感極まるとこがある」と感慨深げに語り、高々と優勝トロフィーを掲げた。

 初代のバッファロー吾郎、2代目の東京03、3代目のキングオブコメディに続いて栄光の座を手にしたロバート。山本博は「ずっとこれに向けて、こればっか考えてけいこしてきたので、その成果が出てホッとしてる」と安堵の笑み。秋山は「優勝した感じは今まで味わったことがない。最高の時間」と飛び跳ね、馬場裕之も「カツラとか衣装とか、このままとっておきたい。かぶったままでいたい」と、初めて体感する"優勝"の高揚感をあらわにした。

 優勝賞金1000万円の配分について聞かれると秋山は「トリオ=3等分という暗黙のルールは嫌。僕が1番笑いを取ったので、600万円もらおうかな」とここにきて大ボケ担当をアピール。笑いの歩合制を主張する秋山に対し、馬場は「俺、50万だよ」と自虐的に語り、笑いを誘っていた。

 今大会のエントリー数は過去最高の3026組。前回大会に出場していないロバートは、シード権なしで1回戦から地道に勝ち上がり、ファイナリストで唯一、披露したネタ2本とも900点以上の高得点をたたき出し、圧倒的な強さで王者に君臨した。この結果に3人は自分たちの成長を実感していると語る。

 以前と比べ吹っ切れたという馬場は「扮装に頼ってて、やらない時期もあったけど、やってよかった」。山本も「(第1回が開催された)3年前よりも、声がでかくなったかも。ツッコミでも、スムーズに声が出た」と胸を張る。そして秋山は「楽しめるようになった。考えこみすぎるのを止めて、力抜いてやろうとリラックスしたら、ネタにいい意味で響いたと思う」と勝因を明かし「4代目キングオブコントは"俺だ"!」と手柄を独り占めするかのごとく勝利の雄たけびを上げていた。




9月21日にDVD「人志松本の○○な話 誕生編~後期~」が発売される。

同DVDには、2009年10月から2010年3月にフジテレビで放送された「○○な話」を収録。前作「誕生編~前期~」に引き続き、DVD3枚にわたって約8時間たっぷりと多彩な出演者たちのトークを楽しむことができる。

DISC1には、バナナマン日村、有吉弘行、ブラックマヨネーズ吉田らの「ゾッとする話」や、野性爆弾ロッシー、バカリズム、椿鬼奴らの「ゆるせない話」などを収録。DISC2には、雨上がり決死隊・宮迫、ケンドーコバヤシ、オードリー若林らの「好きなものの話」など、DISC3には、玉袋筋太郎、ブラックマヨネーズ小杉、島田秀平らの「ためになる話」などが入っている。さらに、未公開映像も見ることができるという豪華な内容だ。

発売中の「誕生編~前期~」と合わせて、初回限定購入特典としてオリジナル特大バスタオルの応募者全員プレゼントも実施しているので、番組ファンはぜひ購入しよう。







動画共有サイト「ニコニコ動画」で配信されているお笑いコンビ「キングオブコメディ」のトークバラエティー番組「ニコニコキングオブコメディ」(公式チャンネル「サイゾーテレビ」で隔週木曜配信中)がDVD化され、「ニコニコキングオブコメディ 冗談にもほどがある!~ガチゆるトーク信用度検証バラエティ~」として10月4日に発売されることになった。今野浩喜さんは「しゃべっているだけの番組で、ネット上でただで見られるのに……」と話し、高橋健一さんも「立ち消えになる企画だと思った」と番組のDVD化に戸惑いながらも、見どころを紹介。23日と間近に迫った「キングオブコント2011」についても、「今回出てないから言えるけど……」と、前回王者として秘めた思いを明かしてくれた。(毎日新聞デジタル)

 DVDは、2人が同番組のトーク中に浮かんだ28の疑問を自ら現場に行って解決する……という検証バラエティーとなっており、ほぼ撮り下ろしで「今野はオシャレな家に住んでいるって本当?」「高橋の実家にある馬鹿な部屋ってどんな部屋?」など私的で予測不能なロケを行う。高橋さんは「元々番組の中で話しているだけで、一度も現場に行ってみたり、話題にしたものを見せたりしたことがなかったので、信頼を得たことがない。だからゆるいトークの“証拠”としてVTRを提供させていただこうと思った」とDVDの経緯を話した。

 見てほしいVTRを聞くと、高橋さんは「僕の友人で(番組内で)『西遊記』って呼んでいる人が見られます(笑い)」と話し、今野さんは「左胸が腫れちゃったうちのマネジャーの佐藤さんのその後が分かります」とPRした。DVDの楽しみ方について、高橋さんは「番組を見てない方は、まず無料で番組を見てもらえれば。お時間ない方は先にDVDを見ていただいて、どうしても気になる回だけ検索してもらえれば。ネットとDVDを行ったり来たりして、ゆっくりと時間をつぶしてください」と苦笑しながら紹介した。

 2人が優勝を決めた「キングオブコント2010」決勝について、今野さんは「本番は高橋が尋常じゃなく緊張してた。自分のことだけ考えていればいいのに俺の心配をし始めるんです。俺は全然平気だったのに……」と当時の様子を話した。高橋さんは「あんなに頭が真っ白になったことがない。いや~怖かった。よく分からないままコントが終わって、優勝して、パニックからパニックへ進んだ」と振り返った。

 23日に放送される「キングオブコント2011」の決勝には、「インパルス」「鬼ヶ島」「TKO」「トップリード」「2700」「モンスターエンジン」「ラブレターズ」「ロバート」の8組が出演。注目コンビについて聞くと、高橋さんは現在舞台で忙しい今野さんより一緒にいる時間が長いという事務所の後輩「鬼ヶ島」を挙げ、「番組(「ニコニコ~」)でもよく話題に出てきます。準決勝の夜も(メンバーの)野田(祐介)君の家に泊まっていたので、リアルに気になる。準決勝は自分のことみたいに緊張しちゃって、疑似体験しているみたいな感覚でした。だから、今年は『鬼ヶ島』として優勝したい!」と興奮気味に語った。

 一方、今野さんの注目コンビは一番結成期間の浅い「ラブレターズ」。「一番新人ですが、初めて見たときから超面白かった。すごいですよ」とその完成度の高さを真剣に語った。高橋さんも「去年のキングオブコントの前には、2人とも何度も超熱い応援メールをくれた。(メンバーの)溜口(祐太朗)君とは一緒にアイドルの『ももいろクローバーZ』のライブに行くほど仲がいいです」と話した。

 もう1組の注目コンビとして2人が挙げた「トップリード」とは、決勝進出が決定する瞬間に、偶然一緒に仕事をしていたと明かした。高橋さんは「(トップリードが)決勝に進んだということを、僕が教えてあげたんです。現地にいる奴から電話をもらって聞き出して、2人『おめでとう』って握手した」とうれしそうに話し、「ほかの方ももちろん面白いですし、実力者ぞろいですけれど、だからこそこの3組を応援したい。気持ちが乗り移る思いです」と熱く語った。決勝進出者に伝えたいことを聞くと、今野さんは「緊張しすぎない方がいいよ。練習しても緊張感は止まらないけどね」、高橋さんは「僕は何度も顔がやばかったと言われた。目が泳がないようにした方がいい。ライブと違ってアップでテレビに映りますから」とアドバイスしていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。