FC2ブログ
お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M-1グランプリ(えむわんグランプリ)

島田紳助が企画し吉本興業が主催する漫才の選手権大会である。オートバックスセブンが特別協賛(冠スポンサー)している事から、正式名称は「オートバックス~M-1グランプリ」である。朝日放送制作、ANN系列で放送される。


<概要>

大会実行委員長は島田紳助。紳助は自身の現在のタレント生活が成立しているのはデビュー当時から8年間続けた漫才(紳助・竜介)があってこそと考えており、またその漫才を途中で辞めた罪悪感から「何か恩返ししなければ」と常々考えていた。

また、「松本紳助」内で松本人志と「単純におもろい奴を決めるコンテストがしたい」と話をする中でその構想は具体化していった。(松本が審査員を務めているのはこの番組で紳助に誘われたため。)

このような経緯を経て、2001年(平成13年)に吉本興業の主催で創設される。全国規模としては「NHK新人演芸大賞」と並ぶ新人漫才コンクールであるが、参加資格はオープンであり、結成から10年目以内でありさえすれば(注:結成10年目以内というのはあくまで参加者の自己申告によるため、実際には結成年を偽り、カンニングなど10年をゆうに越える出場者も存在する。)プロ、アマチュア、国籍などの一切は問われない。即興で結成されたコンビにも門戸を開いている。

ちなみに、2002年の第2回大会までは事実上、結成から10年未満(9年目まで)であった。(1993年結成で当時9年目だったますだおかだが「ラストチャンス」と言われた為)

名称は「漫才」の頭文字を取り「F1グランプリ」「K-1グランプリ」にならったもの。しかし漫才に限らずコント・トーク・歌などの芸が許されている。

過去に決勝で漫才をやらなかったのはテツandトモ、準決勝では、オリエンタルラジオ、イシバシハザマ、バルチック艦隊など。またコンビだけでなく3人以上でも出場でき、過去にはザ・プラン9(5人組)、安田大サーカス・にのうらご・我が家・せんたくばさみ・うがじん・ニブンノゴ!(トリオ)などが準決勝まで残った例がある。

2004年の第4回から放送時間も2時間半に増大またステレオ放送となり、翌2005年(平成17年)の第5回から、第4回まで使用したセットから電飾が多い派手なものに大幅にチェンジされた。

審査員の点数は審査員席上の大型スクリーンに写されるようになり、第1回大会で設けられた「チャンピオンズシート」同様の「暫定ボックス」なる、暫定上位3組が着席して後続のコンビの審査を待つスペースが設けられた。さらに番組はCM前のジングル・提供表示時のBGMが変更され、ハイビジョン制作として放送された。


チャンピオン決定までの道のり

<予選>

毎年9月から12月にかけて、東京・大阪・名古屋・福岡など各地で予選が行われる。2回戦、3回戦と徐々に絞られていき、準決勝は12月中旬に東京会場(ルミネtheよしもと)、大阪会場(なんばグランド花月)で2日続けて行われる(順序は年により異なる)。

なお、前年度準決勝以上に進出したコンビは1回戦が免除される(第2回大会のみ、第1回大会の準決勝以上に進出したコンビは1回戦と2回戦が免除されていた)。2日目の終了後、その場で決勝進出8組(2001年の第1回のみ10組)に絞られる。

また、ネタの制限時間は3分であったが2006年には1回戦に限り2分に短縮された。また、2006年には2003年に優勝したフットボールアワーが優勝経験者として初めて参戦している(11月3日現在、3回戦への進出が決定した)。


<予選審査の不透明性>

予選ではネタの出来、客席の反応共にそれほど悪くなかったにも関わらず2回戦、3回戦で落とされるプロの芸人(アンタッチャブル、ルート33などが有名)が度々いる。当時の某審査員が別番組でそれらの芸人が嫌いだということを示唆しており、予選審査には好き嫌いも多分に影響しているのではないかと


<予選で話題を集めたコンビ>

決勝に残るほどの実力はなかったものの、予選に挑戦する様子がスポーツ新聞の記事等で紹介される話題性の高いコンビが毎年登場する。2001年・第1回大会の「なんで家いるか・えびす」(大阪プロレスのレスラーのスペル・デルフィン&えべっさん)、「イタキム」(板尾創路&木村祐一)、毎年皆勤賞の朝日放送の喜多ゆかりアナウンサー、2002年・第2回大会の「くまさんねこさん」(島木譲二&池乃めだか)、覆面を被った「とんこつなんこつ」(正体はカンニングの竹山隆範&中島忠幸)、2003年・第3回大会の「公造&千佳子」(芸能レポーターの井上公造&駒井千佳子)、「ヤマダタイガー」(阪神タイガースファンのホームレスとピン芸人のコンビ)、「ヒロ&中條」(吉田ヒロ&中條健一)、2004年・第4回大会の「たばこ」(ネゴシックス&中山功太)、2005年・第5回大会の「竹山崎」(竹山隆範&山崎邦正)、「おくにと申します。」(小藪千豊&土肥ポン太)、「さんだあず」(ABCディレクターとNHK職員(ちなみにこの方は、準決勝前日付けでNHKを退職))、「高田モンスター軍」(アン・ジョー司令長官&島田二等兵)がその例である。


<決勝戦>

12月下旬(第2回以降に関しては12月最終日曜日)に決勝大会と最終決戦が開催、テレビ生放送(朝日放送制作、テレビ朝日系全国ネット)が行われる。

当日はまず放送前に敗者復活戦が行われ、準決勝で敗退した出場者が漫才を披露、そこでの審査において1組だけが「ワイルドカード」として決勝に進むことができる。ワイルドカードは決勝戦のテレビ生放送中に発表。また、敗者復活戦の模様は2004年よりスカイ・Aで完全生放送されている。

そして決勝戦において進出者8組+ワイルドカード1組の計9組全員の漫才が披露される。ネタの順番は進出者8組が抽選で決定し、ワイルドカードは最後に登場。審査員の得票での上位3組による最終決戦で優勝が争われる。

決勝1回戦の抽選は第1回~第3回はコンビもしくはグループの代表者が決め、第4回は抽選会ゲストを迎えての代理人抽選になっている。ちなみに、第1回・第4回は決勝のテレビ放送で、第3回は朝日放送・テレビ朝日などの一部の系列局で直前特番の中で放送された。第5回は決勝進出者による記者会見の場で決定した。

最終決戦のネタ順は第4回大会まで決勝での得点順に抽選になっていたが、第5回大会では決勝の得点順に自由に選ぶことが出来た。

第5回より、それまで行なわれてきた江東区有明のパナソニックセンターから決勝戦会場をテレビ朝日に、敗者復活戦会場を神宮球場に変更したが、これはほぼ同時期に有明地区で行われているコミックマーケット(会場は東京ビッグサイト)での徹夜組(※本来徹夜での待機は禁止されている)や終了後帰路に就く参加者との混乱を未然に防ぐためにとられた措置と考えられている。第2・3回の敗者復活戦ではコミックマーケットと日程が重なったため、同人誌や大きなカバンを抱えた人が客席の後方でちらほらと立ち見をしている姿も見られた。ちなみに中田なおきと共に敗者復活戦の司会を担当していたはりけ~んず自身も相当なアニメオタクで、第3回敗者復活戦でコンビの1人である前田登が会場の隣で開催されているコミックマーケットのことを意識して「来年コミケに出て同人誌を作って売って儲けるねん」と言っていた。しかし、このときの公言?が達成されたのかどうかは定かではない。


歴代の優勝者

1 2001年12月25日 中川家 吉本興業(大阪) 笑いのDNA 1,603組

2 2002年12月29日 ますだおかだ 松竹芸能 打倒吉本 1,756組

3 2003年12月28日 フットボールアワー 吉本興業(大阪) 悲願 1,906組

4 2004年12月26日 アンタッチャブル プロダクション人力舎 悲願の正面突破 2,617組

5 2005年12月25日 ブラックマヨネーズ 吉本興業(大阪) モテない男たちの逆襲 3,378組


<優勝者に贈られる賞品>

優勝トロフィー(優勝者の名が刻まれる)
優勝賞金1,000万円
特別協賛のオートバックスセブンからカー用品/100万円相当
第1回のみ、オートバックスセブンのCM出演権


<審査方法の変遷>

第2回以降では現行の審査方法となったが、第1回では第2回以降と審査方法が異なる点がいくつかある。


<第1回>

東京会場の審査員(7人)には1人100点の持ち点が与えられるほか、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まった100人の一般客が1人1点で審査する。よって満点は1000点。ただ、唯一関東出身のコンビであったおぎやはぎ、松竹芸能所属のますだおかだ、アメリカザリガニや東京吉本所属のDonDokoDon等に対して大阪の得票が異常に低いなど、公平性に欠けるとの批判が噴出。また、この方式になることが大会直前になって出場者に伝えられるなど、混乱を招いた。

10組のうち、得点上位2組が決勝と異なるネタを披露し、東京会場の審査員がステージ上で一人ずつ順番に、どちらが面白かったかボタンを押して投票して優勝コンビを決めた。この際、審査員がどちらのボタンを押したかが順番に分かる仕組みだったため、全員が投票し終える前に結果が分かってしまう欠点があった。

ちなみに、優勝者決定後の表彰でも賞金贈呈後はトロフィーや花束など贈呈者の名前が呼ばれてからステージに立ったり、司会の赤坂泰彦がコンビ名を言い間違えたりと円滑に進まなかったため、松本人志が「グダグダじゃないですか」発言した。


<もし第2回以降同様の方式が採られていたら>

もし一般客の得点が排除された場合、以下の順位となるところであった。

中川家 596点
ますだおかだ 575点
アメリカザリガニ 568点
ハリガネロック 567点
麒麟 542点
フットボールアワー 535点
キングコング 528点
DonDokoDon 520点
おぎやはぎ 507点
チュートリアル 483点

<第2回以降>

第1回の審査の欠陥から根本的に見直し現在のルールに至った。一般客の審査が排除され、7人の審査員(メンバーについては決勝戦審査員欄を参照)が1人100点の持ち点(満点:700点)で審査を行い、得点上位3組が決勝と異なるネタを披露し、審査員が一斉に最も面白かったコンビをボタンで判定して優勝コンビを決める。ただし最終決戦の票が同じ場合、決勝1回戦の得点が高いほうが優勝コンビとなる。

第4回ではタカアンドトシと笑い飯が同点になった。この時は審査員7人のうち3人が点数が割れており、2人が笑い飯よりタカアンドトシに高い点数をつけていた為、タカアンドトシを上位に認定した。この2組は最終決戦に残らなかったため特に混乱はなかったものの、実は3組以上が2位、2組以上が同点で3位になった場合を想定していなかった。(第5回大会ではこのような事態は起きていない)。

さらに第1回大会からあくまで目安程度で「ネタは4分以内」と定められていたが、第3回大会では麒麟が約5分半、第4回大会で笑い飯が約6分半と持ち時間を大幅に超えてネタをやってしまったため、第5回では持ち時間が厳守され持ち時間の4分を越えると減点の対象となり、4分30秒以上越えてしまうと1秒につき1点の減点となり出場者はまず持ち時間以内に終わることが目標となる。


<歴代の決勝進出コンビ>

最終決戦の順位による順序。最終決戦に残らなかったコンビは決勝1回戦の順位による順序。所属は出場当時。所属事務所の後ろについているものは登場時のキャッチフレーズ(ワイルドカード組=※は敗者復活戦勝者の為無し)

第1回
中川家(大阪吉本興業) 笑いのDNA 829点・最終決戦6票
ハリガネロック(大阪吉本興業) 武闘派 809点・最終決戦1票
アメリカザリガニ(松竹芸能) 3オクターブの衝撃 796点
ますだおかだ(松竹芸能) 実力主義 776点
麒麟(大阪吉本興業) 無印(ノーマーク) 741点
フットボールアワー(大阪吉本興業) 奇跡の顔面 726点
キングコング(大阪吉本興業) 驚異のルーキー 707点
チュートリアル(大阪吉本興業) お笑い陰陽師 637点
DonDokoDon(東京吉本興業) 無冠の帝王(後述) 614点
おぎやはぎ(プロダクション人力舎) 東京の星 540点
第2回
ますだおかだ(松竹芸能) 打倒吉本を合言葉に今回も決勝へ 612点・最終決戦5票
フットボールアワー(大阪吉本興業) 漫才新人賞を総なめにしてきた若手実力派 621点・最終決戦2票
笑い飯(大阪吉本興業) 今年もM-1予選にノーシードの新星が現れた 567点・最終決戦0票
おぎやはぎ(プロダクション人力舎) 前回東京からはただ1組の決勝進出 561点
ハリガネロック(東京吉本興業) 前回準優勝リベンジだけに燃えたこの1年 545点
テツandトモ(ニチエンプロダクション) 現代版音楽漫才がM-1に新風を吹き込む 539点
スピードワゴン(ワイルドカード/M2カンパニー[現ホリプロコム])(※) 535点
ダイノジ(東京吉本興業) 大分県出身の重量級コンビが涙の初出場 534点
アメリカザリガニ(松竹芸能) 前回は高熱をおして堂々の第3位 525点
第3回
フットボールアワー(大阪吉本興業) 悲願 663点・最終決戦4票
笑い飯(大阪吉本興業) ∞ 656点・最終決戦3票
アンタッチャブル(ワイルドカード/プロダクション人力舎)(※) 616点・最終決戦0票
2丁拳銃(東京吉本興業) ラストチャンス 608点
りあるキッズ(大阪吉本興業) 最年少 601点
スピードワゴン(ホリプロコム) 正門突破 574点
アメリカザリガニ(松竹芸能) 3度目の正直 564点
麒麟(大阪吉本興業) 返り咲き 554点
千鳥(大阪吉本興業) 無印(ノーマーク) 552点
第4回
アンタッチャブル(プロダクション人力舎) 悲願の正面突破 673点・最終決戦6票
南海キャンディーズ(大阪吉本興業) 初物尽くし 639点・最終決戦1票
麒麟(ワイルドカード/大阪吉本興業)(※) 634点・最終決戦0票
タカアンドトシ(東京吉本興業) 直球勝負 615点
笑い飯(大阪吉本興業) 予測不能 615点
POISON GIRL BAND(東京吉本興業) 支離滅裂のアーティスト 603点
トータルテンボス(東京吉本興業) The渋谷系 587点
東京ダイナマイト(オフィス北野) "ビート"の遺伝子 583点
千鳥(大阪吉本興業) リベンジ 582点
第5回
ブラックマヨネーズ(大阪吉本興業)モテない男たちの逆襲 659点・最終決戦4票
笑い飯(大阪吉本興業)予測不能のWボケ 633点・最終決戦3票
麒麟(大阪吉本興業)M-1チルドレン 646点・最終決戦0票
品川庄司(東京吉本興業)不屈のお調子者 626点
チュートリアル(大阪吉本興業)暴走するイケメン漫才 622点
千鳥(ワイルドカード/大阪吉本興業)(※)607点
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)アキバ系カリスマデブ 571点
アジアン(大阪吉本興業)肉と骨のハーモニー 564点
南海キャンディーズ(大阪吉本興業)相方以上恋人未満 552点

Don Doko Donは爆笑オンエアバトル初代チャンピオンであるが、他番組のタイトルであったため無冠とされたと思われる。



<決勝戦司会>

第1回
島田紳助、赤坂泰彦、菊川怜/優勝者の呼び役は赤坂泰彦
第2回
西川きよし、山寺宏一、中山エミリ/優勝者の呼び役は山寺宏一
第3回
今田耕司、西川きよし、小池栄子/優勝者の呼び役は今田耕司
第4回
今田耕司、井上和香/優勝者の呼び役は2年連続で今田耕司
ネタ披露を終えた芸人のインタビュー:木村祐一
抽選会スペシャルゲスト・吉田沙保里(アテネ五輪 女子レスリング 55kg級:金メダリスト)
第5回
今田耕司、小池栄子/優勝者の呼び役は3年連続で今田耕司
ネタ披露を終えた芸人のインタビュー:2年連続で木村祐一
この回から新設された特別VIP席ゲスト・田丸麻紀、丸山和也、安田美沙子、三倉茉奈、三倉佳奈
優勝トロフィー返還ゲスト・アンタッチャブル



<決勝戦審査員>

第1回
島田紳助、松本人志、鴻上尚史、ラサール石井、春風亭小朝、青島幸男、西川きよし(席順)
最終決戦はきよしのみハリガネロック
第2回
島田紳助、松本人志、大竹まこと、ラサール石井、島田洋七、中田カウス、立川談志(席順)
最終決戦は松本、大竹がフットボールアワー
第3回
島田紳助、松本人志、南原清隆、島田洋七、ラサール石井、大竹まこと、中田カウス(席順)
最終決戦は紳助、松本、南原が笑い飯
第4回
西川きよし、南原清隆、大竹まこと、島田洋七、春風亭小朝、ラサール石井、中田カウス(席順)
最終決戦はカウスのみ南海キャンディーズ。この年は島田紳助は自身の起こした事件の責任をとって謹慎中であったので審査には参加せず。松本人志も裏番組に相方(浜田雅功)の番組があるという理由で出演しなかった。
第5回
島田紳助、松本人志、渡辺正行、大竹まこと、島田洋七、ラサール石井、中田カウス(席順)
最終決戦は大竹、洋七、石井が笑い飯



<各種記録等>

(以下「決勝進出」はワイルドカードによる敗者復活も含む。また、第1回の決勝1回戦は上記の問題点があったことを考慮し、東京会場の審査員による得点に限ることとする。)

コンビ結成から優勝までの最長記録 10年…中川家(第1回)、ますだおかだ(第2回)、アンタッチャブル(第4回)
コンビ結成から優勝までの最短記録 4年…フットボールアワー(第3回)
コンビ結成から決勝初進出までの最長記録 10年…中川家(第1回)、2丁拳銃(第3回)、タカアンドトシ(第4回)、品川庄司(第5回)
コンビ結成から決勝進出までの最短記録 1年6ヶ月…南海キャンディーズ(第4回)
決勝進出最年長記録 岡田圭右(ますだおかだ;第2回)34歳42日(決勝戦放送日を基準とする)
決勝進出最年少記録 安田善紀(りあるキッズ;第3回)18歳99日(同上)
最年長優勝記録 岡田圭右(ますだおかだ;第2回)34歳42日(同上)
最年少優勝記録 岩尾望(フットボールアワー;第3回)28歳9日(同上)
最多決勝進出回数 4回(笑い飯、麒麟)
決勝最多連続出場回数 4回(笑い飯;第2~5回)
最終決戦最多進出回数 3回(笑い飯)
最終決戦最多連続進出回数 2回(笑い飯;第2~3回、麒麟;第4~5回)
決勝最多連続最下位回数 2回(千鳥;第3~4回)
事務所別決勝進出延べ回数
吉本興業 32回(うち大阪吉本24回、東京吉本8回)
松竹芸能 5回
プロダクション人力舎 4回
ホリプロコム 2回(スピードワゴンは第2回出場時「M2カンパニー」所属だったが、後にホリプログループの組織改編により、芸人部門が「ホリプロコム」に一本化されたため、ここでは1事務所として数えた)
ニチエンプロダクション 1回
オフィス北野 1回
ケーアッププロモーション 1回
女性決勝進出者 3名(南海キャンディーズ・しずちゃん;第4~5回、アジアン・馬場園梓、隅田美保;第5回)
決勝1回戦最多得点 673点/700点(アンタッチャブル;第4回)
決勝1回戦最少得点 483点/700点(チュートリアル;第1回)
優勝コンビの最終決戦最多得票 6票(中川家;第1回、アンタッチャブル;第4回)
優勝コンビの最終決戦最少得票 4票(フットボールアワー;第3回、ブラックマヨネーズ;第5回)


<歴代の敗者復活戦出場コンビ>

第2回
アジアン、アップダウン、インパルス、Over Drive、おはよう。、COWCOW、花鳥風月、カリカ、麒麟、キングオブコメディ、キングコング、サカイスト、三拍子、品川庄司、ジパング上陸作戦、18KIN、シュガーライフ、少年ギャング、ストリーク、スピードワゴン、線香花火、せんたくばさみ、ダイアン、タカアンドトシ、千鳥、チャイルドマシーン、チュートリアル、ツインズ、天津、$10、トータルテンボス、飛石連休、2丁拳銃、NON STYLE、ババリア、Bコース、ビッキーズ、ブラザース、ブラックマヨネーズ、ヘッドライト、ママレンジ、ライセンス、りあるキッズ、ルート33、レギュラー(五十音順)
[出場辞退] キャン×キャン、シャンプーハット、ランディーズ、ロザン(五十音順)
ワイルドカードでスピードワゴンが決勝進出。
第3回
アップダウン、アンタッチャブル、イー☆リャン、うがじん、オオカミ少年、おぎやはぎ、おしどり、オジンオズボーン、COWCOW、キャン×キャン、キングオブコメディ、キングコング、クワバタオハラ、号泣、サカイスト、サバンナ、ザ・プラン9、磁石、ジパング上陸作戦、18KIN、シンパシー、ストリーク、せんたくばさみ、ダイアン、ダイノジ、タイムマシーン3号、タカアンドトシ、チャイルドマシーン、チュートリアル、チョップリン、デカメロン、天津、$10、トータルテンボス、飛石連休、トライアングル、どりあんず、とろサーモン、流れ星、なすなかにし、南海キャンディーズ、ハリガネロック、パンクブーブー、ビッキーズ、プー&ムー、ブラックマヨネーズ、ヘッドライト、POISON GIRL BAND、ミルククラウン、安本本田、安田大サーカス、U字工事、ユキコミキ、四次元ナイフ、ライセンス、ルート33、レイカーズ、レギュラー、ロザン(五十音順)
[出場辞退] インパルス、シャンプーハット、ランディーズ、(五十音順)
ワイルドカードでアンタッチャブルが決勝進出。
ワイルドカード発表の際、プー&ムーのおたこぷーがコンビ名を書いた紙をカメラに対して大きくアピールすることがあったが、これは当時本人の出演していた福岡のラジオ番組でも目立つ行動をすると宣言していた。福岡や東京の視聴者以外でプー&ムーを知るものは少なかった。
第4回
青空、アジアン、イー☆リャン、イシバシハザマ、エージェント、オオカミ少年、Over Drive、大脇里村ゼミナール、オリエンタルラジオ、カナリア、カリカ、キャン×キャン、麒麟、クワバタオハラ、さくらんぼブービー、サバンナ、ザブングル、ザ・プラン9、磁石、品川庄司、ジパング上陸作戦、ジャリズム、シャンプーハット、18KIN、スーパーZ、ストリーク、スマイル、ダイアン、ダイノジ、タイムマシーン3号、チュートリアル、ツインズ、天津、$10、飛石連休、とろサーモン、なすなかにし、はだか電球、バッドボーイズ、ハリセンボン、パンクブーブー、ピース、ビッキーズ、プー&ムー、ブラックマヨネーズ、マラドーナ、安田大サーカス、U字工事、りあるキッズ、ルート33、レアレア、レム色、ロザン(五十音順)
[出場辞退] キングコング、ライセンス、ランディーズ、レギュラー(五十音順)
ワイルドカードで麒麟が決勝進出。
第5回
ライセンス、ストリーク、ジパング上陸作戦、チーモンチョーチュウ、天竺鼠、オジンオズボーン、ランディーズ、千鳥、飛石連休、POISON GIRL BAND、なすなかにし、スーパーZ、磁石、ビッキーズ、ガブ&ぴーち、ゼミナールキッチン、コア、にのうらご、号泣、サンドウィッチマン、変ホ長調、流れ星、ヘッドライト、青空、ザブングル、ザ・たっち、バルチック艦隊、ベリー・ベリー、庵、カナリア、イシバシハザマ、三拍子、学天即、東京ダイナマイト、とろサーモン、鎌鼬、レギュラー、りあるキッズ、天津、アップダウン、ザ・プラン9、鼻エンジン、我が家、ダイアン、ロザン、レム色、U字工事、安田大サーカス、さんだあず、トータルテンボス、キャン×キャン、5番6番、ジャリズム、NON STYLE、マラドーナ、ハリガネロック、ザ・パンチ(出場順)
[出場辞退] オリエンタルラジオ、レイザーラモン(五十音順)
ワイルドカードで千鳥が決勝進出。



FC2ブログランキング







日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owaraimania.blog80.fc2.com/tb.php/22-3ed3223c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。