お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いタレントのなだぎ武さんと友近さんが12日、海外ドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」(NHK教育)の完成試写会に、2人の持ちネタであるドラマのキャラクター「ディラン&キャサリン」として登場した。

なだぎさんと友近さんは、私生活でも6年間交際していたが、既に破局していたことをラジオ番組で友近さんが報告したばかりで、NHKの会見に民放の取材も詰めかける異例の事態となった。キャサリンに扮(ふん)した友近さんは「破局という言葉をキャサリンが言いましたけど、“円満破局”という言葉を作りたい」と破局を認めた。

ディランに扮したなだぎさんは「これから先はどうなるかわからないけど今はこういう状態」と話した。

 会見に登場した友近さんは、ネタをやっている最中も、破局の原因を思わせるようなやりとりをからめて笑いを誘うものの、目にはうっすらと涙を浮かべ、コントはややぎくしゃくした雰囲気で進められた。「いろいろと報道がありましたが、やりにくいことはない?」と聞かれ、友近さんは「やりにくいことは全然なくて、これからも2人でコントしています。相談なしに決めました」と話した。

「ディランとキャサリンの愛は続く?」と続けて聞かれると、「デートはしてないが、ディラン&キャサリンの恋は永遠に続きます」とディランが答え、「誰かと誰かがくっついたり、離れたり……ごちゃごちゃした関係、それが『ビバリーヒルズ青春白書』です」と番組をアピールした。


→ランキングはこちら←

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owaraimania.blog80.fc2.com/tb.php/504-4e8e3cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。