お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(31)が下積み時代にエロビデオに出演していたと、週刊文春が報じている。過激なAVではないものの、全身白タイツ姿で美女らと絡んでいたようだ。芸人には、やはりこんな時代があるものなのか。

 肌も露わなレースクイーン6人が過激トークをしていると、全身白タイツの男が後ろに立った。

■美女に手を導かれ、腰を振られて…

 体格のよいその白タイツ男は、今度はビデオカメラを手に、美女の一人に迫る。美女は、タイツ男の手を胸に導くと、その上に座って腰を振り…。

 これが、オードリー春日さんが出演したとされるR-15指定ビデオの1シーンだ。タイトルは「大噴射!!  エロマゲドン2~最強痴女軍団 NEXT STAGE~」で、DVDが2006年12月1日に発売された。現在も、一部の動画サイトに、そのサンプル映像がアップされている。ただし、本番シーンなどはなく、いわゆるAVではないようだ。

 このときは、オードリーの2人が売れる前だ。週刊文春の10年6月10日号によると、2人が出演していた動画サイト「GyaO!」のお笑い番組のスタッフが、DVDを制作したいと春日さんを誘ったという。コンビ相方の若林正恭さん(31)も現場にいたが、体格のよいタイツ男が求められたため、春日さんに白羽の矢が立った。

 記事によると、直撃取材に対し、春日さんは最初、「は?いや知りません」とはぐらかした。しかし、白タイツ男の写真を見せ、さらに問い詰めると、こう認めたというのだ。

 「AVじゃないんで。それに、ひとつの仕事ですから」

 人気コンビだけに、ネット上では、文春の記事に波紋が広がった。2ちゃんねるのまとめサイトでは、「深夜番組で、毎日やってるようなことじゃねえの」との指摘とともに、「下積み時代って大変なんだな」と隠されたエピソードに驚く声が紹介されている。

■マネキンのように動じないタイツ男を演じる

 そこで、さらに取材しようとしたが、DVD販売元は電話番号がすでに使われていない状態だった。また、オードリー春日さんの所属事務所ケイダッシュステージに聞くと、担当者が外出中とのことだった。

 オードリーの2人は、ブレークするまで、8年ほども下積み生活があったことで知られる。2ちゃんのまとめサイトによると、DVD発売後の2006年12月17日には、内部関係者によるとみられるこんな書き込みがあった。「前GyaOの某番組で撮影現場に潜入する企画があったが ゼンタイ男の中身ってオードリーの春日なんだよな…」。ゼンタイとは、全身タイツの略だ。

 かつて、ビートたけしさんや萩本欽一さんは、ストリップ劇場の前座などの経験を積みながら、芸を磨いていった。お笑いがメジャーになった今でも、芸人たちは、下積み中にここまでやらなければならないのか。

 お笑い界に詳しい芸能関係者は、こう言う。

  「春日さんが、エロビデオに出ていたかまでは分かりませんが、下積み時代に、お客を自宅に案内してトークライブをするなど、苦労していたようですよ。彼らが売れないときは、年収が100万円ほどでしたからね。同じ事務所のはなわさんや原口あきまささんがちょっと売れ始めると、ほとんど毎日のようにくっついて歩いていましたね。倹約家の彼らしく、いつも夜飯を食べさせてもらっていましたが(笑)」

 ただ、たけしさんらの時代とは違って、アルバイトの幅は広がったという。

  「たけしさんたちは、劇場のトイレ掃除などまでやっていたようですが、今の芸人は、コンビニや居酒屋のバイトが多いですね。割のよい仕事もあり、有名になった中には、地下鉄工事現場などで深夜のガードマンをする人もよくいました。そこで、人間観察などをして芸を磨けるかどうかは、本人の意識次第でしょうけど」

 エロビデオでの春日さんは、マネキンのように動じないタイツ男を演じていた。あのやや高圧的なキャラは、こうして磨かれたのか。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owaraimania.blog80.fc2.com/tb.php/514-e0e28176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。