お笑い好き集まれ!吉本、若手芸人まで極秘情報配信!笑う事はストレス解消!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<「今さらツッパリ漫才してもあかんぞ」>

 吉本興業の大崎社長が新年会の挨拶で、昨年8月に暴力団との親密交際を理由に芸能界を引退した島田紳助の復帰を希望する考えを表明。芸人仲間もそれに賛同して、紳助復帰の青写真が整いつつある。
 そんな中、注目を浴びているのが今月28日から公開になる映画「犬の首輪とコロッケと」。この作品に紳助は「声」だけ特別出演。いち早く、芸能界“復帰”を果たす予定だ。

 同作は「探偵!ナイトスクープ」などで人気の芸人、長原成樹(47)の自伝小説が原作で、長原自らがメガホンを取っている。大阪・生野区を舞台にケンカに明け暮れていた在日韓国人の不良少年が漫才師になるまでを描いた青春ストーリーだ。
 紳助が登場するのは、新人漫才コンビとしてデビューした主人公たちが、劇場で「紳助竜介」の楽屋を訪ねて挨拶をするシーン。

 紳助は楽屋の中から顔は見せずに、「なんやお前ら、ツッパリ漫才やっとるらしいなぁ」と語りかける。主人公たちは「はい。僕ら、紳助さんに憧れまして」と返答。すると、紳助が「でもなぁ、今さらツッパリ漫才なんかしてもあかんぞ」と、漫才の路線変更をアドバイスするという1分ほどのやりとりがある。
「『犬の首輪――』は昨年夏の沖縄国際映画祭で上映されました。紳助の声の収録は昨年1月。主人公たちが憧れの先輩漫才師に会うという重要なシーンですし、8月の引退後も該当シーンを削除するという話はありませんでした」

 今回は声だけだが、いずれは本人が……となるのか。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://owaraimania.blog80.fc2.com/tb.php/550-069fa13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。